LINEの窓口.com

LABORATORY

LINEまるわかりブログ

LINE公式アカウントのリッチメッセージの効果的な活用方法とは?作り方や活用事例もご紹介!

LINE公式アカウントのトーク画面を開いた際に、画面の横幅いっぱいに表示される「テキスト付きの画像」をご覧になったことはございませんか?これはLINE公式アカウントの機能の1つであり、「リッチメッセージ」と呼ばれています。

今回は、長年店頭販促に携わってきたパルディアの知見を交えて、リッチメッセージの効果的な活用方法について解説いたします。また、実際の配信事例や作成方法もあわせてご紹介いたしますので、LINE公式アカウントの配信にお悩みの方はぜひ最後までご覧ください。

 

1.リッチメッセージとは?

リッチメッセージとは、テキストと画像を1つにまとめて配信できるメッセージ機能を指します。テキストのみまたは画像のみよりもわかりやすく、より視覚的な訴求が可能となるため、一目で商品やサービスの魅力を伝えることができます。

類似機能として「リッチメニュー」がありますが、リッチメニューはトーク画面下部に固定される一方で、リッチメッセージは他の配信メッセージ同様に配信されるという違いがあります。そのため、リッチメッセージは期間限定の商品やセール情報、クーポンなど、「今」伝えたい一時的な情報を訴求したい場合に活用されることが多い機能です。

※「リッチメニュー」と「リッチメッセージ」の表示の違い

なお、リッチメッセージはLINE公式アカウントの全てのプランで使用することができ、ポイントを押さえることですぐに効果的な活用が可能となります。

2.リッチメッセージを活用するメリット

リッチメッセージを活用することで得られるメリットは下記の通りです。

商品やサービスなどの伝えたい情報をわかりやすく伝達できる

リッチメッセージはトーク画面の横幅いっぱいに画像が表示されるため、ユーザーの目にとまりやすく、直感的に配信内容を理解してもらえるという利点があります。また、テキストのみで長々と伝えるよりも画像を使ってテキスト量を減らすことで、ユーザーの負担を減らすことができます。LINE公式アカウントの運用において、ユーザーの負担を限りなく減らすことで離脱率の低下にもつながります。

リンクやクーポンの設定が可能なため、高い誘導効果がある

リッチメッセージとして配信する画像にはURLやクーポンの設定が可能です。
通常のメッセージ配信でも画像を配信することはできますが、画像をタップしても拡大表示されるのみとなります。しかし、リッチメッセージを活用することで、期間限定のクーポンや自社サイトへのURLを設定できるため、高い誘導効果が期待できます。

※「画像」と「リッチメッセージ」の表示の違い

画像は、画像の横に転送マークが表示されるのに対して、リッチメッセージは、トーク画面の横幅いっぱいに表示されるという違いがあります。視覚的に見やすいことはもちろん、画像に比べて思わずクリックしたくなるという点もリッチメッセージの特徴の一つです。

3.効果を最大化する3つのポイント

では、リッチメッセージをより効果的に活用するためのポイントとはどのようなものがあるでしょうか?例を用いて3つ解説いたします。

①テキストの文量やクリエイティブの配色に注意

クリエイティブ(画像)のデザインにおいて工夫が必要です。リッチメッセージを活用することでより視覚的に訴求できるとはいえ、画像に情報を詰め込みすぎてしまうと、かえって見づらくなってしまうという現象が起こりかねません。

また、色の使い方にも注意が必要です。例えば、食べ物に関する配信をする際は、温かさや元気な印象を与えやすい暖色系の色を使う、ビジネススーツなどの誠実性をアピールしたい場合は寒色系の色を使う、という色が及ぼす印象を考えながら制作することも重要です。

ポイントは「何を伝えたいのか」がわかりやすい配信であればあるほど、効果的な配信であり、「この配信で伝えたいことは何か?」を意識してクリエイティブを制作する必要があります。

②即時性のあるメッセージを訴求する

リッチメッセージはリッチメニューとは異なり配信が流れていくことから、「今」伝えたい情報やクーポンを活用してその日の集客や販促を効率的に行う施策として有効です。

例えば、雨の日で客足が伸びない日に、雨の日のみに使用できる限定のクーポンや特典を配布することで、「雨だけどクーポンがあるなら行ってみようかな」という来店の動機付けを促進できます。また、ここでも重要となるのが前述した「何を伝えたいか」であり、本配信は「雨の日に使える特典である」というのが一目で理解できるクリエイティブとなっています。

③ユーザーアクションを促すテキストを画像に含める

「クーポンを設置しているのにあまり使用されていない‥」
「わかりやすい訴求しているのになぜか流入数が少ない‥」

上記のお悩みをお持ちではございませんか?
リッチメッセージはクーポンや自社サイトへの遷移URLなどを設定できますが、設定されていることがわからなければ、ユーザーからすると通常の画像配信との大きな差がなく、効果が見込めません。ここでも重要となるのが「何を伝えたいか」であり、「クーポンを設定している」ということを訴求する必要があります。

「詳細はこちら」や「クーポンはこちら」というユーザーアクションを促すテキストをクリエイティブに含めることで、クリックを促すことができます。

全てに共通していることは「何を伝えたいか」がわかる配信であることであり、リッチメッセージの効果を最大化する重要なポイントであるといえます。

 

4.リッチメッセージの配信事例

LINE公式アカウントのリッチメッセージ機能の概要と効果を最大化するポイントをご紹介しました。ここからは、実際の配信事例をもとにポイントを解説いたします。

京王百貨店 新宿店:分割タイプを有効活用し多くの情報を伝える

後ほどのリッチメニューの作成方法で詳しくご紹介いたしますが、リッチメニューは1つのメッセージを分割することができ、各タップエリアにユーザーアクションを設定できます。「たくさんの情報を配信したいけど、連続投稿すると離脱率が高まる‥」というお悩みのお持ちの方は是非ご活用ください。
ただし、分割エリアはバナーのサイズが小さくなるため、テキスト量や文字の大きさ、配色には注意が必要です。

和風レストランまるまつ:4日間限定の特別価格や特典で来店率アップ

「緊急告知」や「怒涛の4日間」という引きのあるワードを活用して、期間限定の特別価格や特典を訴求しておりました。目的が告知による店頭来店促進のため、ユーザーアクションは設定されていないものの、トーク画面いっぱいに表示されており、一目で伝えたい情報がわかるクリエイティブとなっております。また、事前に告知するのではなく、4日間ある内の初日に配信しており「今日は行けないけど明日なら行けそう!」という来店意欲の向上を狙うこともできます。

資生堂 ワタシプラス:ユーザーアクションを促すクリエイティブデザイン

「 ↑ 上へスクロールしてチェック ↑ 」という文言を差し込んで、3つのリッチメッセージ配信全てを見てもらう工夫が施されていました。先ほど、効果を最大化する3つのポイント③でクリックを促す例を用いて解説いたしましたが、文言や矢印の向きを変えることでスクロールを促すことが可能となります。
また、今回はメンズコスメに関する配信を行っておりましたが、クリックしてすぐに表示される「プレゼントキャンペーン」で興味を引き、スクロールした先にトライアルキットやおすすめ商品を表示して購入を促しています。

人形町今半:季節の催事に連動したイベント情報の配信で購買促進

季節限定のメニューや毎月実施の月末セール情報など、消費者の興味をそそる内容が盛りだくさんのリッチメッセージを配信しておりました。ユーザーアクションには、各店舗のイベントカレンダーが記載されているページのURLが設定されており、来店の動機づけに効果的です。

無尽蔵三条家:季節の変わり目を利用してユーザーの興味を引き出す

春の爽やかさから夏の暑さに変わりゆく5月初旬に冷やし中華のメニュー配信をしておりました。ユーザーの興味を引き出すためには、ユーザーの行動や心情を捉えることが重要です。例えば、「半袖を着用している人が徐々に増えてきた」「冷たいメニューの注文数が増えてきた」など、暑さを感じている行動を取る人が多くなってきたタイミングで夏にぴったりのメニューを配信することで、興味を引き出しやすくなります。

KATE:URLではなくテキストの設定で応答メッセージとして活用

リッチメッセージにはURLやクーポンだけではなく、テキストの挿入も可能です。先ほど、京王百貨店新宿店の事例でもご紹介したようにエリアごとにユーザーアクションを設定できるため、例えばバナー画像内の「男性」をクリックするとメッセージ画面に「男性」が送信される仕組みの構築が可能となります。

期間限定の情報配信やクーポン配信も有効ですが、一時的なアンケートとして活用するのも有効であり、ユーザーもワンクリックで気軽に回答できる点から回答者数の増加も期待できます。

炭火居酒屋 炎 札幌駅北3条店:毎月配信のクーポンで来店促進

毎月「9」のつく日を肉の日としてお得なクーポンを配信しておりました。「29円で注文できる生つくね」や「鶏皮串一皿サービス」など、クーポン内容も魅力的であり、来店意欲の向上が期待できます。

また、クーポン配信がメインであるものの「モンドセレクション2023金賞受賞」や「秘伝のタレ」という、自社の強みやおすすめの商品の訴求をすることで、企業や店舗のイメージアップにもつながります。

 

\ 飲食店向けの配信事例を16つ解説した資料はこちら /

今すぐ資料を見る

 

その他業界もこちらからご確認いただけます!

 

5.作成方法

リッチメッセージは下記の5つの手順で作成できます。

STEP1:管理画面のメニューから「リッチメッセージ」をクリック

まずはLINE公式アカウントの管理画面である「LINE official Account Manager」にログインします。
ログイン後、管理画面左側のホームタブにある「メッセージアイテム」から「リッチメッセージ」を選択し、「リッチメッセージを作成」をクリックすると、作成画面に移ります。

STEP2:タイトルを入力する

リッチメッセージのタイトルは、ユーザーのプッシュ通知やトークリストに表示されるため、いわばファーストビューの役割を担っています。まずはトークを開いてもらえるような訴求力のある文言を設定しましょう。

STEP3:テンプレートを選択する

テンプレートの種類は、「正方形」「横長」「縦長」「カスタム」の4つに分類でき、さらに各テンプレートにおいてサイズや分割タイプを選択できます。
下記、サイズ一覧です。

———————————————————————————————————————————
【正方形】 1040px×1040px(12種類)
【横長】  1040px×350px / 1040px×585px / 1040px×700px(1種類/2種類/4種類)
【縦長】  1040px×1300px / 1040px×1850px(4種類/4種類)
【カスタム】1040px×520px~2080px(1種類)
———————————————————————————————————————————

デフォルトで正方形かつ分割なしのテンプレートが選択されていますが、タップエリアが分割されているテンプレートを選択すると、それぞれにユーザーがクリックした際のアクションが設定できます。

STEP4:画像を選択する

リッチメッセージの画像の設定方法は2つあります。

———————————————————————————————————————————
①リッチメッセージ機能を用いて、バナーを作成する
②リッチメッセージ機能を使わず、別途バナーを作成する
———————————————————————————————————————————

①はLINE公式アカウントの既存機能のみで完結するため、デザインツールの導入や高度なデザイン力を必要とせず誰でも気軽に作成できることがメリットとして挙げられます。一方で、②はデザインツールの導入やデザイン力が必要となるため、気軽さにおいては①と比較して欠くものの、既存機能にはないフォントやカラー、デザインを活用できるため、より見やすい画像の作成に適しています。

それぞれメリットがありますが、より分かりやすく伝えるためにはデザインツールを活用し、創意工夫して別途バナーを作成することをおすすめします。

STEP5:アクションを選択する

リッチメッセージのユーザーに促すアクションは3つあります。

———————————————————————————————————————————-
1.【リンク】 :クリックした際の遷移先のURLを挿入できる
2.【クーポン】:事前に作成したクーポンを挿入できる
3.【テキスト】:事前に設定したテキストがトークルームに流れる(=応答メッセージ)
———————————————————————————————————————————-

これら5つの手順を完了し、「保存」をクリックすると作成が完了します。

 

6.配信設定方法

リッチメッセージの作成が完了したら、配信設定をしましょう。

STEP1:管理画面のメニューから「メッセージを作成」をクリック

管理画面左側のホームタブにある「メッセージ配信」から「メッセージを作成」を選択します。

STEP2:配信先と配信日時の設定

配信先の設定では、追加されている全てのユーザーに配信するか、狙ったターゲットのみに配信するかの2つを選択できます。セグメントを行う場合はターゲットリーチ数が100人以上必要なため、注意が必要です。
※ターゲットリーチ:実際にメッセージが配信される友だち数のこと
配信日時の設定においても、今すぐに配信するか、決められた時間に配信するかの2つを選択できます。

STEP3:メッセージの選択バーから「リッチメッセージを選択」

STEP1の画面から少し下にスクロールすると、メッセージ選択画面が表示されるため、選択バーから「リッチメッセージ」をクリックします。クリック後、枠内に「リッチメッセージを選択」と表示されるため、先ほど作成した配信したいリッチメッセージを選択し、「配信」ボタンを押すと設定完了です。

 

\ LINE official Account Managerのマニュアルは下記よりご覧いだたけます /

マニュアルを見る

 

※配信後は分析も可能です!※

例えば、リッチメッセージを活用してクーポンを配信した場合、「どのくらいのユーザーに開封してもらえたのか」を確認することができます。過去に配信したメッセージと比較して、どの点がユーザーにとってクリックしたくなる要素だったのかの定量的な指標として活用することをおすすめいたします。

「分析(上部のバー)」>「メッセージ配信」より確認できます。

 

\ 分析について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください /

解説書を見る

 

今回はLINE公式アカウントのリッチメッセージのメリットや活用を最大化するポイント、実際の活用事例や作成方法、設定方法まで詳しく解説いたしました。リッチメッセージの最大の特長である「わかりやすさ」と「ユーザーのアクションが可能」という2点を最大化するためのポイントである「何を伝えたいか」を意識して、ぜひ活用してみてください。

また、本記事を参考にLINEリッチメッセージを活用し、自社サービスや商品の認知拡大や販売促進にお役立てください!

リッチメッセージ以外にもLINE公式アカウントの運用でお困りごとがございましたら、LINE公式アカウント正規代理店の弊社までお気軽にご相談ください!

\ LINE販促トータルサポート /

お問い合わせはこちら

人気記事

LINE公式アカウントの運用代行とは?~正規代理店への依頼が安心な理由~

人気記事