LABORATORY

LINEまるわかりブログ

LINE公式アカウントでの効果的なクーポンの使い方

LINE公式アカウントを使った集客で効果のある施策として、まず挙げられるのがクーポンです。いろいろ出し方はあるが、中でも%引きクーポンを出す店舗が非常に多くなっています。しかし、消費者目線からすると、どのくらいお得か計算することが面倒で使わない傾向にあるのが事実です。加えて、5%や10%OFFクーポンだと、消費税率と同じ、もしくはそれ以下のため、お得感が感じられず使われないことも多いのです。

 クリエイティブにおいても工夫が必要です。LINE公式アカウントの既存機能のリッチメッセージやクーポン機能を使った配信で特典を付与する店舗が増えていますが、パッと見て特典がわかりづらく、どんな特典内容がすぐにわからないものはスルーされ利用が進みません。

 ではどのようなクーポンが最適なのでしょうか?まず内容ですが、わかりやすくお得感のある「円」での値引きや、商品が無料でもらえるクーポンは利用率が高くなっています。メッセージを受け取った側が思わず「お得!使わないと損!お店に行かなければ!」と感じやすいためです。

 値引きクーポンについては、言わずもがな割引額が大きいものの方が利用率が高い結果が出ています。とある店舗で、「3,000円以上購入で300円引きクーポン」と「5,000円以上購入で500円引きクーポン」を配信し、利用率を比較調査した。結果は、「5,000円以上購入で500円引きクーポン」が「3,000以上の購入で300円引きクーポン」と比べ2倍以上の利用となりました。人は直感的に、割引額が大きい=お得と感じやすく、つい買い物をしてしまうことが検証できます。

 今回のクーポンについては、最低購入金額が設定されています。クーポンの利用に伴い、必然的に1人当たりの購買単価が引き上げられます。そのため同じ割引率のクーポンであっても、割引額の大きい方が粗利が出ます。先ほどのクーポン「3,000円以上購入で300円引きクーポン」と「5,000円以上購入で500円引きクーポン」でも、同じ利用率の場合の場合、粗利は3.7倍となることが計算してみるとわかります。

 加えて、クリエイティブについても、文字情報は必要最低限に、割引額や特典内容を大きく目立たせることが重要です。配信の仕方も、大きい画像でインパクトのあるリッチメッセージでの配信が効果的です。

 リッチメッセージであれば、メッセージ作成時にタイトルを設定する必要がありますが、ここも重要ポイントです。タイトルがお客さんへのプッシュ通知・トークリストに表示される言わばファーストビューであるからです。

 内容ばかりにとらわれず、すぐに改善ができる見せ方の工夫にも注目していくことが大切です!

人気記事

人気記事