WORKS

導入実績

できるだけ多くのお客様と友だちになることと、ブロック率を低水準で保つことが成功の秘訣!

某ガソリンスタンド様

課題解決までのフロー

誰が?どんな内容を?どうやって?配信したらいいのか・・・

ガソリンスタンドなので、お客様は価格の情報に敏感です。
ガソリンや灯油は生活必需品ですから、「得したい・・・」というより、「損したくない・・・」という心理が働くからでしょうか?タイムリーに価格情報や値上げ・値下げ情報をお届けしないといけません。
でも、本部での一括配信は出来ないんですよね・・・各店での価格や値上げのタイミングが違いますので。
それに、都度都度本部におうかがいを立ててからの配信だと、タイムリーな情報が配信できませんから商機を逃してしまいます。
そうなりますと、現場担当者がコンテンツを考えて、デザインして、配信設定して・・・ということになりますが、パソコンも大得意という訳ではないですし、何よりも作業時間の確保が厳しいかったですね。

ご担当者様が1人で自立して運用できるまで徹底的にサポート!

ガソリンスタンド(セルフ)でお客様にお伝えしたい情報は、下記にほぼ集約されます。
①価格情報
②値上げ・値下げ情報
③ガソリン・軽油割引クーポン
④洗車関連情報・クーポン
⑤タイヤ・ワイパーなどの販売・交換情報
⑥イベント情報
⑦営業時間など、その他の情報

これらの情報をPCのパワーポイントを利用して「リッチメッセージ」のデザインを作成できるように、約40種類のテンプレートを準備しました。
下記の流れで「リッチメッセージ」のデザインが完成します。
①所定のパワーポイントのファイルに利用したいテンプレートをコピー・貼り付け
②価格情報など必要箇所を加筆
③完成したデザインを「JPEG」形式で保存
※「リッチメッセージ」の規定サイズ(1040×1040pix)に自動的に保存
④できたデザイン画像を「LINE公式アカウントマネージャー(OAM:管理画面)」で「リッチメッセージ」に設定

ここまで出来るようになれば、あとは「OAM」の操作方法だけ会得すればOKです!

本部や外注に頼らない、店舗での自立したLINE運用を確立!

完全に自立したLINE公式アカウントの運用を実現!
2020年9月にLINE公式アカウントの運用を開始して、1年3ヶ月で友だち数(TR数)は、なんとっ!16,000人超!
そして、驚異的なのがブロック率!ブロック率は、なんとっ!3.6%!

現場での手作り感溢れるコンテンツデザイン、タイムリーな情報提供がお客様の心を掴み、常にLINEの情報を確認していただいている友だち(お客様)が一定の割合ご来店いただいています。

ただ、1回の配信数がかなり多いので、配信コストの適正化を図るために「カード型メッセージ」も自力で作成・配信できるようになりました。

今後はもっと効果的な配信コンテンツや方法を模索しながら、更なるLINE公式アカウント活用で来店促進したいと思っています。

担当営業から一言

完全に自立して運用いただけるまでになりましたこと、本当に嬉しく思っております。 本部や外部業者に丸投げではなく、自らコンテンツを考え、デザイン・配信まで試行錯誤(PDCA)しながら、自店のノウハウとして蓄積されているのは本当に素晴らしいですね。 LINE公式アカウントの活用で、日本一集客・売上拡大しているガソリンスタンドになって欲しいですね・・・

担当営業
石崎